みんなのいきかたキャンペーン

うさぎとかめと、かんがえる、みんなの生きかた、応援ウェブマガジン

人生

不妊の話

今回は『不妊』について書きたいと思います。

『不妊』とは、妊娠を希望している男女が、避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、1年以上妊娠しないものをいいます。
原因としては、男性側に理由がある割合と女性側に理由がある割合はほぼ半々だと言われていますが、中には何も原因がないという場合もあります。
男女とも加齢により妊娠が起こりにくくなることが知られています。

女性が将来赤ちゃんを産むための準備は、実は女性がお母さんの子宮の中にいる期間(胎生期)から始まっているのです。
卵子の元である「原始卵胞」は、胎生期に一生分が作られ産まれた後に増えることはありません。
「原始卵胞」は胎生期に約700万個作られますが、出生時には約200万個に減少しています。その後もどんどん減り続け、思春期には20~30万個、25歳頃には約10万個、35歳頃には約5万個まで減少するとされています。
また、「原始卵胞」は数が減るだけでなく、老化現象が起こるとされています。
老化現象が進むと、受精や着床がうまくいかずに流産したり、妊娠成立しても染色体に異常があるなどの弊害が生じやすくなります。

高齢出産のリスクとしては、前述したように、妊娠率の低下、流産率や染色体異常の発生率の増加、妊娠中の合併症などがあげられます。
一般には高齢出産のリスクが大きく取り上げられがちですが、一方で、高齢出産は経済的に安定し精神的にゆとりをもって出産に臨めるというメリットもあります。

また、若い世代の女性でも、過度なダイエットやストレス、偏った食生活、喫煙などで卵子の老化現象が加速したり、性感染症(特にクラミジア感染)や子宮内膜症が原因で不妊になるケースが増えています。

それぞれの女性が、産みたいときに産めるように、日頃から自分の健康管理には気をつけ、定期的な健診を受けることが大切です。
将来妊娠を考えている方は、一度ライフプランを作成し、自分の将来を見つめ直す機会にしてみるのはいかがでしょうか。

浜吉 麻里
このコラムを書いた人

浜吉 麻里

三重県伊賀市出身
鳥取県倉吉市在住

産婦人科医
はまよしレディースクリニック院長

2016年に鳥取県倉吉市に「はまよしレディースクリニック」開業

クリニックのコンセプト
すべての世代の女性がいきいきと健康であり続けるために、丁寧な診察と
分かりやすい説明で地域に密着した女性のかかりつけ医を目指します。

現在、中学2年生の長女、小学3年生の双子の長男、次男の3人の子どもの子育て中
このライターの記事を読む

あなたにオススメのコラム