みんなのいきかたキャンペーン

うさぎとかめと、かんがえる、みんなの生きかた、応援ウェブマガジン

結婚

世界にひとつの贈り物

あるおふたりの結婚式。
その結婚式は、お腹にいる赤ちゃんと一緒の結婚式。
そして、結婚式当日はご新婦のお誕生日でした。

お打ち合わせ中、ご新婦は妊娠中で体調が優れないこともあり、元気がないのが少し気になっていました。

そんな中、ご新郎から『妊娠中でただでさえ大変な中、結婚式の準備を頑張っていてくれている彼女に何かサプライズをしてあげたいんです』と相談されました。

「結婚式、そしてせっかくのお誕生日だからこそおふたりとお腹にいる赤ちゃんにとって、何か特別に心に残り思い出すたびに幸せな気持ちになるようなサプライズを」と、おふたりに事前に書いて頂いたアンケートを参考にしながらご提案。

お仕事が忙しかったのに加え、照れ屋のご新郎だったため少し負担がかかってしまうかもと思った案でしたが『やります!』と言って頂き準備を進めて行きました。

そして迎えた当日。
ご新婦が喜んでくれるかなとドキドキしながら見守る中、サプライズスタート!

司会より突然、『ぜひご新婦様にご覧頂きたいVTRが』と言われスクリーンを見るとそこには、ご新婦のために、他県まで手作りのネックレス作りに行くご新郎の姿が。

『今日は彼女のために、世界にひとつだけのネックレスを作りたいと思います!』と。そしてそこには、生まれて初めてのネックレス作りに試行錯誤されているご新郎。
ふとご新婦を見るとスクリーンを見つめながら、そんなご新郎の姿を見て、目からはぽろぽろと大粒の涙が。

VTRのラストは、出来上がったそのネックレスを少し照れながらもすごく嬉しそうに握りしめ、
『会場の皆さん!これから僕と一緒に会場でバースデイソングをお願いします!』とご新郎。

ご新婦のために、ただただ純粋に一生懸命な想いが、会場にも伝わり、
ゲストはもちろんお手伝いさせて頂いているスタッフ全員がひとつになりバースデイソングを贈りました。

その後、みんなに見守られながら、
涙でいっぱいのご新婦に、少し緊張されながらネックレスを付けてあげ、お腹の赤ちゃんと一緒に3人でお写真に収めました。

終わった後にご新婦が、『本当に忘れられない一日になりました』とすごく嬉しそうに話して下さいました。
世界にひとつだけの贈り物はご新婦を幸せいっぱいにしてくれました。

今でも、あのときの空気は忘れられません。
相手を大切に想う気持ちと、それを真っ直ぐに行動に表すこと、愛がたくさん溢れた結婚式でした。

糀 麻衣子
このコラムを書いた人

糀 麻衣子

ウェディング業界に入ったのは「自分ができることで ひとにHAPPYや感動を贈りたい」「心を動かす仕事をしたい」という想いから

ウェディングのプロフェッショナルを目指すためには お客様により多く接することができる現場経験と幅広い知識を学び鍛えることと考え 業界最先端のウェディングプロデュースを経験したいと 2000年にウェディングアイテムにも力を入れている東京青山にあるプロデュース会社へ入社することからキャリアがスタート

その後 学んだ経験を活かしつつ さらなる経験を求め 邸宅ウェディング・Hawaiiウェディング・ドレスショップを経験する

鳥取にUターン後 自身の経験や「鳥取に素敵なウェディングハウスを」という想いを形にしたAuTuTuPulamaで総合プロデューサーを務める

AuTuTuPulama
https://aututupulama.co.jp/

このライターの記事を読む

あなたにオススメのコラム